ダイビング有名スポット崎本部ビーチ又の名ゴリラチョップ

沖縄本島の北西部の沖縄美ら海水族館の近くで、観光地としても人気があり、便利な場所である崎本部ビーチは、ダイビングの利用者もとても多い有名なスポットです。

空港や那覇方面から名護方面へ58号線を北へ進み、449号線を左に曲がって国道沿いに走っていると、ゴリラがチョップしているようなゴリゴリした岩が見えてくるのです。
この事からゴリラチョップとして呼ばれているスポットなのですが、北の方はまだ手つかずの自然が残っている為、白い砂浜と透明感が素晴らしい海、カラフルなサンゴとして人気があるのです。

エントリーは、岸からですので、サーフエントリーになります。
水中は、様々なスズメダイ、チョウチョウウオ、タイワンカマス、ガーデンイール、ハナヒゲウツボそしてクマノミを観察する事が出来ます。

ソフトコーラルも見事なので、ダイバーはいつもテンションがあがってしまう程だそうです。

沖縄では冬場になると北風が吹いてくるのですが、このゴリラチョップでは、さらに強い北風が吹くという事で、冬場は特にダイバーで賑わっているようです。
更に、台風が近付いて波が上がってくるとそれを目的にダイバーが集まって来る事もあるようですが、この場合は、上級者やダイブマスターに限ります。

関連記事の紹介

  ≪ 前の記事: を読む