ダイビングは楽しい趣味です

お金が掛かる趣味と掛からない趣味と言うのは実際にあると思います。お金持ちであれば、何にでもお金をかけることはできるのですが、しがないサラリーマンの自分は趣味にお金を掛けることはできません。それでも、一丁前に履歴書の趣味欄には「ダイビング」と書いてしまうように、数年前から始めてはまっています。とはいえ、お金をかけられないので、自分なりの節約術を編み出しました。

まずは、旅費です。ダイビングを始めたのが沖縄でその綺麗さに感動していたのですが、都内から行こうとすると飛行機代、宿代、御飯代、潜るお金に加えて高額な出費になります。貧乏でも潜りたいと思っている人間にはきつい仕打ちです。そこで、潜る場所を都内近郊に変えました。そうすると、車や電車で行けるので足代は安いですし、かかるお金は器材のレンタル代金くらいになりました。観光とかはないですが、かなりの節約でした。

そして、今はまだやっていませんがこれから考えているのは器材一式を自分で購入することです。大体20万くらいで揃えられるというので、20回くらい潜る時にレンタルするのとさして変わらないということなので、そこらへんも長い目で見て考えています。初期投資は痛いですが。

ともあれ、ダイビングはお金がかかる趣味ではありますが、貧乏人でも愉しみたいと思います。

関連記事の紹介

次の記事: を読む ≫